かえるのアポトーシス日記

リネージュ?ゴースティンサーバーで活動する「かえるの合唱団」血盟盟主ヒキガエルの日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神は愛・・・らしいね

久々の更新です(;´Д`)
僕はキリシタンではありませんが、キリスト教の教え(?)でよく聞くのは私たちが「迷える罪深き子羊」で「神は愛である」ということです。

これは僕たちにも言える事かなぁと最近思います。人は生きていく以上はたくさんの人に迷惑をかけられ、自分からもかけています。嫌な人や嫌な事をされた時、その人や物事をありのままに受け止め、許す・・・そういう愛が必要なのだと感じます。生きていくということは迷惑という罪を常に他人に与えている・・・そういう罪悪感というか認識をしておけば、他人から迷惑をかけられてもそう悪い気持ちはしないでしょう。自分は被害者ではなく常に加害者であるという認識。自分が被害にあっている、それ以上に自分が他人に害を及ぼしているという考え方が必要なのだと思います。
嫌な人に出会ったとき『何でこいつはこんなにバカなんだ』とか『意味不明だ』『嫌なやつだ』などと否定して憎み、嫌がるよりは『そういうやつなんだ』とそのままを受け入れてみた方が気持ちは楽になります。そして、相手にそのことは求めずにいる。それが大切なのだなと最近感じています。

さて、僕はキリシタンではないと先に述べたように、実家は仏教です。個人的には無神に近いですが、日本という国はどうかというと、日本は多神の国です。日本人がこまった時助けが欲しい時に『神様仏様どうか・・・』といいますが、神様と仏様という二つの言わば神が並列している・・まぁこれが多神である証拠ですね。日本固有の宗教・神道での神像はヤマトタケルやら~~のミコとか~~のカミなんていって八百万の神だったか・・たくさん神様がいますが、これはギリシャ神話と同じように実在の人物が神格化されていったからとかなんとか。
僕はこの多神の国に生まれて良かったと思っています。キリスト教に出てくる悪魔・堕天使というものは殆どが土着の宗教の神様です。キリスト教は「神=主」という絶対神一人だけですから、他の宗教を吸収したり改宗させるとき、土着の神様を悪魔や堕天使にするしかなかったのです。しかし日本は多神の国ですから、キリスト教やイスラム教なんていうものが入ってきても、たくさんの神様の中に異国の神様として一人増えただけという考えになります。盆に正月クリスマス・・何でもありです。しかし、僕はこの柔軟性というのがいいなぁと思います。否定せず受け入れるという柔軟性・・・これが最近のテーマです。

リネの話をいたしますと、最近はヒキガエルを放置プレイから開放し、Lv上げをしています。アマとペア状態なので1バフ1,5%程度で('A`)となるのですが、まぁがんばってやって行きたいと思います。

今回は言わばタブーな宗教ぽい話でしたが、うろ覚えの知識なので、正式なものは勉強していません。ですから、全くの個人的な見解です。もし、その道の人がここを見て、これが違うとかそういうことがあれば、メール等いただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。